ブログ

ブログ 詳細

ゆっくり柔軟する理由


こんにちは!

福岡市を中心に活動しています、プロストレッチングトレーナー桝谷豪一です。

 

 

先日、なぜゆっくり伸ばすのか?

で終わりました。

 

0a8627a1d3a4e91465a07be383a12a21_s

またカエルさんです笑

 

 

ゆっくり伸ばす静的ストレッチも、反動をつけて伸ばす動的ストレッチも、それぞれに用途があって、使い道が違うんです。

 

 

違いを説明していくとまた長くなるんで(笑)

『なぜゆっくり伸ばすのか?』冒頭の疑問に戻ります。

 

 

形状記憶である筋肉に覚えさせるため。

 

 

と言ったら分かりやすいですかね。

筋トレをやった後、ストレッチをしないと硬くなっていくように、筋肉は最後に力を入れたことを覚えてます。

 

つまり、しっかりゆっくり伸ばしてやってストップ。

このとき80%か90%で構いません。やりすぎると痛みの発生とともに長くは続きませんので。

 

戻すときも同じくゆっくり戻しましょう。

 

反動をつけたとき程、筋肉は伸びませんが確実です。

ちなみに、反動をつける動的ストレッチは主にパフォーマンス前、運動前におこなうと効果が上がります。

 

 

そうやってゆっくり伸ばした筋肉は柔軟性を獲得し、1だった頑張るスタートラインが2になるんです。続けて、2だった頑張るスタートラインが今度は3になる。

考え方としては、どこまで曲がるかよりも通常時にどこから頑張るのか、というように捉えてもらうといいかも知れません。

 

そしたら、前屈でつま先につくのが普通になり、そこから『頑張る』がスタートする。

 

 

 

もうベッタリは目前ですよ!

身体は必ず変わります。

 

 

 

ご質問等はお問い合わせフォームよりお気軽にメッセージください。

24時間以内に返信致します。 

 

Facebookページはこちら

 

常に全力投球!
ゴウでした。

Beauty-Stretch
お電話は難しい場合がありますので、お問い合わせフォームから宜しくお願い致します。

tel / 090-1195-7601
mail / goh.m51@gmail.com
LINE / goh51
  • 初めての方へ
  • 生徒さんの声