ブログ

ブログ 詳細

なぜ?インナーマッスルで基礎代謝は上がらない


こんにちは!

福岡市を中心に活動しています、プロストレッチングトレーナー桝谷豪一です。

 

 

前回のブログで、ファスティングの話をした際に『痩せることは出来ても、トレーニングしないとボディメイクは出来ない』と言いました。

 

42a06380b6696fb6e8fc05d79885c70d_s

腹筋トレーニング!

 

 

トレーニング】と言ったら流行の波に乗っての体幹トレーニングや、最近は一時期に比べて少なくなりましたが、インナーマッスルを鍛えて身体を整えるということを思い浮かべる人もいるでしょう。

 

しかし、体幹のみのトレーニングや、インナーマッスルを鍛えるといったカテゴリーでは正直なところ基礎代謝を上げるのは難しいです。

細かく言うと『上がらない』のではなく『上がる量がごくわずか』なんですけどね。

 

 

 

 

それは何故か?

筋肉量が少ない(筋面積が小さい)から、です。

 

 

 

 

インナーと呼ばれる訳は身体の深層に位置し、関節の安定を図る役割を担っているから。 

安定した動作や、バランスの良い動きを保つのでバランストレーニングと言われることがあるんですが、ここの筋肉をとことん鍛えたところでそこまで大きくはなりません。

 

大きくなるのはアウターマッスルと呼ばれる外層の筋肉。

 

 

太ももやお尻、胸、腕、肩、背中などメジャーな部分ですが、インナーよりもこの部分を鍛えることにより、基礎代謝は上がります。

 

 

 

注意点は、トレーニング次第では肥大しやすいので太くなるということ。

ここら辺がボディメイクになってきます。

 

分かりづらかったらご相談ください☆

 

 

 

ご質問等はお問い合わせフォームよりお気軽にメッセージください。

24時間以内に返信致します。 

 

Facebookページはこちら

 

常に全力投球!
ゴウでした

Beauty-Stretch
お電話は難しい場合がありますので、お問い合わせフォームから宜しくお願い致します。

tel / 090-1195-7601
mail / goh.m51@gmail.com
LINE / goh51
  • 初めての方へ
  • 生徒さんの声