ブログ

ブログ 詳細

あぶらの種類


こんにちは!

福岡市を中心に活動しています、プロストレッチングトレーナー桝谷豪一です。

 

 

6e27dd0059cdcc6b518dc7d715d6158e_s

 

 

更新遅くなりましたm(__)m

 

 

先日の記事で脂質について少し触れました。

ダイエッターとしては関心が高かったことと思います。

今日はその内容をもう深く掘り下げてみましょう。

 

 

さて【飽和脂肪酸】と【不飽和脂肪酸

何がどう違うのでしょう?

 

 

この答えは炭素鎖に二重結合や三重結合があるかないかなんですが、ぶっちゃけちょっとわかりづらいですよね(^^;

 

例えば飽和脂肪酸なら結合無しで炭素がいっぱいくっついて、ひとりの脂肪酸を形成しているのに対して、不飽和脂肪酸なら二重結合や三重結合で、手をつないで何人かで脂肪酸を形成しているので、簡単に手を離す(分解する)ことが出来る訳です。

 

 

 

この分解しづらく、エネルギーになりやすい飽和脂肪酸は動物性に含まれることが多く、特にベーコンなど加工品は飛び抜けてます。

 

一方、分解しやすい不飽和脂肪酸は結合がひとつなら一価不飽和脂肪酸と呼ばれ、植物に多く含まれており、結合がふたつ以上なら多価不飽和脂肪酸と呼ばれ、これは魚介類に多く含まれています。

 

 

 

体内で合成出来ない脂肪酸を必須脂肪酸と言いますが、恐らく聞いたことあるでしょう。菜種油などに多いリノール酸リノレン酸、お魚に多いイコサペンタエン酸(EPA)、そしてドコサヘキサエン酸(DHA)などがそれに当たります。

 

 

 

 

~ここからがまとめ~

 

これら必須脂肪酸は不飽和脂肪酸であり、同じエネルギー量を摂取した場合、飽和脂肪酸よりも太りにくいと言えます。

 

糖質の記事で書いた『同じ200kcalならご飯より砂糖の方が太る』ということと同じ。

そして牛乳に含まれる脂質も飽和脂肪酸なので、太りやすいということ。

 

 

 

 

これがチョイスなんです。

まぁ、でも最後にモノを言うのは摂取kcalですからね。

 

良いあぶらでも沢山摂りすぎたら当たり前のように太りますよ(^^;

 

 

 

 

 

 

ご質問等はお問い合わせフォームよりお気軽にメッセージください。

24時間以内に返信致します。

 

Facebookページはこちら。

 

常に全力投球!
ゴウでした。

Beauty-Stretch
お電話は難しい場合がありますので、お問い合わせフォームから宜しくお願い致します。

tel / 090-1195-7601
mail / goh.m51@gmail.com
LINE / goh51
  • 初めての方へ
  • 生徒さんの声