ブログ

ブログ 詳細

タンパク質、うまく摂ろう


こんにちは!

福岡市を中心に活動しています、プロストレッチングトレーナー桝谷豪一です。

 

 

cfe096185292b2f14e9e63999f91c09b_s

 

 

タンパク質シリーズ4回目、これで最後です。

併せてこちらもどうぞ。

第1話

第2話

第3話

 

 

ここまでで何から摂るか、どう摂るかをお話ししました。

今回はその摂取効率

 

タンパク質を摂取するのは身体を作る上では欠かせないことであり、筋肉以外にも身体中で多いに使われています。

 

 

 

ただ、その分効率よく摂取していかないと、なかなか身体に反映しないのも事実。

 

 

 

食事を摂ると血糖値に影響し、インスリンが分泌されますよね。

 

 

※ココ非常に大事です。

インスリンの効能は血糖の抑制だけではなく、グルコース(ブドウ糖)、アミノ酸の吸収促進、そしてタンパク質の合成促進をしますが、ブドウ糖を摂取したときにしか分泌されません。

 

と言うことは…

糖質(果糖でインスリンは分泌されませんので正確にはブドウ糖)を同時に摂取した方が、タンパク質の吸収・合成は促進されるので、ご飯をはじめとする炭水化物の摂取が効率がいいということになるのです。

 

 

 

摂取エネルギー(kcal)を気にしないという前提であれば、トレーニング後はパンを摂取し、その15分後にアミノ酸(タンパク質)を摂取するのが最も効率がいいんです。

 

 

 

ここら辺はあまり常識的にではありませんが、自分の目標を考え、どう摂るのが一番よいか考えてみてはいかがでしょうか?

 

 

最後にまとめとして…

ダイエットや減量、アスリート等、身体を作ることを考えてのタンパク質ランキング

①大豆製品

②貝類、かに、えび、たこ、いか

③魚類

④鶏肉

⑤その他獣肉類

 

 

ランキングの理由が知りたい方はお尋ねください(*^-^*)

 

 

 

 

 

ご質問等はお問い合わせフォームよりお気軽にメッセージください。

24時間以内に返信致します。

 

Facebookページはこちら。

 

常に全力投球!
ゴウでした。

Beauty-Stretch
お電話は難しい場合がありますので、お問い合わせフォームから宜しくお願い致します。

tel / 090-1195-7601
mail / goh.m51@gmail.com
LINE / goh51
  • 初めての方へ
  • 生徒さんの声