ブログ

ブログ 詳細

エネルギー供給の仕組み


こんにちは!

福岡市を中心に活動しています、プロストレッチングトレーナー桝谷豪一です。

 

 

ef829ee39e510997cc8ff892ea43fbe8_s

 

 

 

前回のつづき。

まだの方はコチラ

 

 

 

 

全ての運動で乳酸が溜まる訳じゃない。

…どういうことか?

 

 

前回、マラソンランナーにその秘密があると言いましたが…その理由は、ランナーがトレーニング終了後に乳酸濃度を調べるとほとんど乳酸は溜まっていなかったこと。

 

 

びっくりじゃないですか?これ。

 

 

じゃあ、そのその乳酸はどこに行ったのか?

実はエネルギーとして使われてるんです。

 

 

 

 

 

ここについては少し詳しく知る必要があります。

 

 

基本的に筋肉のエネルギーは糖質。

詳しく言うとブドウ糖

 

 

肝臓や筋肉にグリコーゲンとして貯蔵され、パワーを発揮するときに消費されます。

いわゆる100m走のような無酸素運動時に爆発的な活躍をします。

その時に生成されるのが乳酸というわけ。

 

すぐにこのエネルギーは無くなっていきます。

糖を使い切り乳酸が蓄積して、そして疲労が溜まっていく。

 

これが通常。

 

 

 

 

そしてマラソンなど有酸素運動してるときの主なエネルギー供給は脂肪です。

遊離脂肪酸をベースに酸素を取り入れながら長時間エネルギーを生み出す過程。

 

 

 

 

まだ乳酸エネルギーが出てきませんね。

これを説明するのが乳酸シャトル

 

 

長くなったのでまた次回。

 

 

 

 

 

 

 

 

ご質問等はお問い合わせフォームよりお気軽にメッセージください。

24時間以内に返信致します。

 

Facebookページはこちら。

 

常に全力投球!
ゴウでした。

Beauty-Stretch
お電話は難しい場合がありますので、お問い合わせフォームから宜しくお願い致します。

tel / 090-1195-7601
mail / goh.m51@gmail.com
LINE / goh51
  • 初めての方へ
  • 生徒さんの声