ブログ

ブログ 詳細

足の外反・内反について


こんにちは!

福岡県を中心に活動しています、トレーナー・インストラクターの桝谷です。 

 

 

IMG_20160307_111614

 

 

 

【外反・内反】って聞いたことあるでしょうか?

有名どこで言えば外反母趾内反小趾ですよね。

 

 

このように親指や小指がクローズアップされることが多いんですが、実際は足首から下(距骨下関節)がどうなっているかを指します。

※もちろん、膝にも同じことが言えます。

 

状態は真っすぐ立ったときに後ろから踵をみると分かりやすく、踵が内側を向いていたら内反、外側を向いていたら外反というわけ。

 

 

 

 

で、だからなんだって話ですが(^^;

 

理想を言うと歩行時踵接地の瞬間は軽度内反状態が良い。

つまり…地面を踏むときには、ちょっとだけ踵は内側に向いていた方がいいですよーってこと。

 

 

あまり気にしたことは無いと思いますが、靴の踵部分の減り具合で分かりますよね。

 

 

ここ、勘違いしやすいとこです。

真ん中よりほんの少しだけ外側が減ってたら良好。

 

 

 

踵が内側を向くということは外側が着地、外側を向いていたら内側で着地。

ちょっとややこしいですよね(*_*)

 

 

 

 

さて、実際に内反状態・外反状態なら脚はどうなるのか?身体はどうなるのか?

話が長くなるのでこれはまた次回。

 

 

 

 

 

常に全力投球!

ゴウでした。

Beauty-Stretch
お電話は難しい場合がありますので、お問い合わせフォームから宜しくお願い致します。

tel / 090-1195-7601
mail / goh.m51@gmail.com
LINE / goh51
  • 初めての方へ
  • 生徒さんの声