ブログ

ブログ 詳細

動くのは、今


こんにちは!

福岡県を中心に活動しています、トレーナー・インストラクターの桝谷です。

 

 

Screenshot_2016-03-20-19-23-29_1

 

 

少子高齢化の現代社会では、税金や年金などの長期的な問題や、雇用・労働などの現実的な問題まで幅広く考えざるを得ないですよね。

アメリカやヨーロッパ各国で、年金支給年齢が段階的に67歳~68歳へ引き上げが行われている今、今後は定年が70歳なんてのもなんら不思議ではなくなるわけで…

 

 

ということは、それまで元気で働かなくちゃならない。

それは我々トレーナーも、一般の方も同じこと。

 

 

 

人は30代から年に1%ずつ筋肉量が減少していきます。

生活しているだけで、です。

それを食い止めるのは筋活動量を上げるしかない。

 

もちろんいつでも始められます。

臓器など手に負えない部分はあっても、筋肉はいつだって発達させることができます。

 

 

 

でも、だからと言って『今はしなくてもいい』訳じゃない。

今しておいた方がいい』なんです。

 

年齢を重ねるとどうしても動きづらくなってくる。

発達が遅くなる。

 

だからこそ、動くうちに。

30代でも40代でも50代でも、今のうちにやっておいた方が筋肉量を溜め込む

 

 

貯筋が出来ます。

 

 

 

 

仮に骨折などで入院してしまうと、安静して動かさない部分は特に衰えが著しく、元に戻すには、かなりの努力と時間を要してしまいます

 

これを廃用性筋萎縮といいます。

 

 

 

スポーツ選手が怪我から復帰する難しい理由がこれ。

日常生活には支障がなくても、競技レベルまで引き上げるには時間がかかる。

だから…復帰出来た選手はとてもとても素晴らしいのです。

 

 

 

長くなるので話を戻しますね(^^;

 

これを一般レベルに落とし込むと、日常生活が難しいという状態になる。

 

ある程度の貯筋が出来ていたとしたら、動けなくなったとしても、衰えたとしても、退院後には普通の生活が出来ます。まぁ、キツイでしょうけど、、、

逆に筋肉の蓄えがまったく無かったとしたら、入院したあとそのまま寝た切りになるケースがある。高齢者の場合は特に。

 

 

これが恐いんですよね。

 

 

つまり、何が言いたいかというと…

 

 

 

 

動いた方が将来のため

 

 

 

 

だってことです。

 

 

 

 

今の体力にあぐらをかくことなく、少しずつでも。

 

常に全力投球!

ゴウでした。

Beauty-Stretch
お電話は難しい場合がありますので、お問い合わせフォームから宜しくお願い致します。

tel / 090-1195-7601
mail / goh.m51@gmail.com
LINE / goh51
  • 初めての方へ
  • 生徒さんの声